Home NEWS 2011/10


NEWS

2011/10
DAKSロイヤルコレクション婦人コート 素材誤表記のお詫びと訂正

いつもDAKSをご愛顧頂き、誠に有難うございます。

 

DAKSの店頭やイベントスペースでの配布、また顧客の皆様へ郵送させて頂いておりました

DAKSロイヤルコレクション封書DM内の素材表記に一部誤りがございました。

お客様にはお詫び申し上げますと共に、以下の通り訂正させていただきます。

 

【封書DM内モデル着用ロイヤルコレクションコート】

品番:11-281811

価格:¥241,500(税込)

素材: (誤)毛40%、カシミヤ35%、アルパカ15%、ナイロン10%、毛皮(フォックス)

     (正)毛45%、カシミヤ30%、アルパカ15%、ナイロン10%、毛皮(フォックス)

 

尚、現在、ロイヤルコレクションページ内に掲載している内容は正しい情報となります。

ご迷惑をお掛けいたしましたこと、改めてお詫び申し上げます。

 

DAKS SPRING SUMMER 2012 COLLECTION ロンドンファッションショー開催

 

 サイズ変更NEWS用コレクション画像.JPG

DAKSは9月17日、4度目となるロンドンファッションウィークに参加し、DAKSの

婦人服・アクセサリー部門のチーフデザイナーを務めるSheila Mckain-Waid

(シーラ・マケイン・ウェイド)が初めて指揮を執る2012年春夏コレクションの

ファッションショーを開催いたしました。

 

テーマを探究するにあたり、DAKSは1950年代の英国の海辺の街、

そしてそこで見られる夏の着こなしの軽快さとグラマラスな魅力に辿り着きました。

2012年春夏コレクションには、そんな海岸から連想される遊び心あふれた要素がシャツや

トレンチコートといったアップデートされたクラシックアイテムに融合され、時代を問わない

Timelessな現代らしさが夏の着こなしに反映されています。

 

1950年代の雰囲気にインスパイアされたキーアイテムや、海岸のテーマを印象付ける色使い、

そして英国の変わりやすさを反映したレイヤリング(重ね着)スタイルが発表され、

「実用的で今すぐ夏のリゾート地へ出掛けたくなるようなコレクション」と、海外メディアからも高く評価されました。

英国チャールズ皇太子提唱
ウール産業活性化キャンペーン『キャンペーン・フォー・ウール』

 熱心な環境保護主義者でもあるチャールズ皇太子が、

厳しいビジネス環境に置かれた牧羊業界の復興を目的とし提唱する
『キャンペーン・フォー・ウール』の日本におけるキックオフ・イベントが10月3日、
駐日英国大使館公邸で開催されました。

 

デビット・ウォレン駐日英国大使によるスピーチの後、
DAKSをはじめとした英国ブランドのウール製品を着用したモデルと
特製ウールウェアに身を包んだ本物の羊のファッションショーが行われました。
 
wool_CPN.JPG
                      大使館公邸内に展示されたDAKS商品
 
2010年に英国でスタートした同キャンペーンには、
約120の参加企業がウール商品の促進イベントや展示会を開催し、
大きな成功をおさめました。

 

2年目を迎えた今年は、日本をはじめオランダ、ドイツ、米国など
世界の主要都市でも実施されることとなり、
DAKSも英国王室御用達ブランドとして、この『キャンペーン・フォー・ウール』に参加し、
ウールの持つファッション性、耐久性、そして環境への配慮を再認識し、
お客様へウールの良さを提案してまいります。

 

2011年10月より、『ウール』を使用したDAKS商品には、
同キャンペーンオリジナルの提げ札をつけて販売しておりますので、
ぜひ手にとってウールの素晴らしさを肌で感じてみて下さい。

(※一部、提げ札の付いていないウール商品もございます。)

           wool_CPN_tag.JPG