Home 英国情報 Vol.32


UK 英国情報

「DAKSを象徴するDDロゴやクレスト(紋章)に秘められた想い」

DAKSの2015年春夏のコレクションテーマは、「"美の島"シチリア島への旅」。シチリア島は、イタリアを「靴」にたとえた場合、ちょうどつま先部分に位置する地中海に浮かぶ島です。ギリシャ神話に出てくる冥界の女神ペルセポネーや生殖と豊穣、すなわち春の女神であるアフロディーテとも関連のある島で、神が創造したと伝えられている肥沃で自然美の素晴らしい島としても大変有名です。

今回の英国情報では、シチリア島がインスピレーション源となった、DAKSの2015年春夏コレクションテーマをご紹介しながら、昨年10月にその地で行われた宣伝ビジュアル撮影の裏側を初めて披露させて頂きます。

DAKSの2015年春夏コレクションは、「1組の英国人の男女がハネムーンで訪れるシチリア島」というコンセプトのもとストーリーが展開さており、彼らが目にした海岸線の美しい風景や豪華なバロック建築の建物、やしの木やオレンジ・レモンの香り漂う果樹園など、島内のすべてのものがインスピレーション源となり、色鮮やかなコレクションを提案しています。




シチリア島の旅は、島内でも最も賑やかな街といわれる「パレルモ(Palermo)」からスタートします。ここ「パレルモ」はシチリア島で一番大きく、地中海の中心という地理的条件から、19世紀までアラブ人、ノルマン人、スペイン人らが次々にこの島を征服し、パレルモの街は、その各時代の文化が今に息づく遺跡と歴史の宝庫とも言われるようになりました。アラブ人がモスクとして建築し、ノルマン人がキリスト教聖堂として再建築したカテドラーレや、ノルマン王宮など、一つの街にいながら異文化の融合を楽しむことができるのです。
シチリアの州都であり、また金融ビジネスの中心地でもある国際色豊かなここパレルモの地から、DAKSがインスピレーションを受けたのは、すっきりとした髪型のビジネスマンのスーツ姿です。


DAKS2015年春夏コレクション STORY1:パレルモ イメージムードボード


DAKSはそこでのオシャレなビジネスウェアの着こなしに着目し、2015年春夏の紳士コレクションでは、ネイビーやベージュ素材にかすかなストライプを施したダブルジャケットやスーツなどを提案している他、街中に点在する、遺跡や建造物のディテールやデザインからインスピレーションを受けて、様々な幾何学模様を考案し春夏コレクションに取り入れています。



エレガントな印象のネイビースーツ(写真右)。良いものを長く着用するという英国マインドを追求した一着。


パレルモの次に向かった旅の目的地は、シチリア島東岸にある断崖絶壁に位置する風光明媚なリゾート地「タオルミーナ(Taormina)」。沿岸沿いからせりあがる、標高200mほどの切り立った山の中腹にあるタオルミーナでは、見下ろせば、美しく青い地中海や崖に沿ってそびえるカラフルな建物、さらには活火山である雄大なエトナ山を望むことができ、シチリアでも最高の眺めを楽しめる街として、夏には世界中から多くの観光客が訪れています。




DAKSは、ここタオルミーナの街並みを旅する装いをイメージし、初春スタイルとして洗練されたスマートカジュアルスタイルを提案しています。



DAKS2015年春夏コレクション STORY2:タオルミーナ イメージムードボード


DAKSがこの春提案するスマートカジュアルスタイリング


イタリアの青い空・青い海を彷彿とさせる鮮やかなブルーを用いたコレクション。
様々な表情のデニムバリエーションはDAKSのこの春の一押しアイテム。


そして今回の旅の最終目的地は、シチリアの北海岸に面する小さな島「パナレア(Panarea)島」。ここパナレア島は、イオリア諸島の7つの島の中で最も小さい島ですが、島内に建ち並ぶ白い壁にスカイブルーのペンキが塗られた建物や、あちこちに咲き誇る南国の花、そして燦々と太陽が降り注ぐ景色は、イタリアが誇る究極のリゾート地と称されています。


DAKS2015年春夏コレクション STORY3:パナレア イメージムードボード


DAKSは、2015年の盛夏にむけたコレクションとして、パナレア島で過ごす「休日のウェア」をテーマに、リラックス感あるカジュアルなリゾートスタイルを数多くご用意しています。


一枚あると重宝する大人の夏の必需品。充実した初夏の休日スタイルをお約束します。


パナレア島のリゾート感溢れるレモンプリント柄など夏の装いにぴったりなコレクション。


そして、DAKSが2015年春夏宣伝ビジュアルの撮影地に選んだのも、ここシチリア島。英国DAKS社と日本の撮影チームがシチリア島に渡り、2014年9月30日、10月1日の2日間で、絶景を誇る東海岸に沿った3つの都市(タオルミーナ、シラクーサ、ノート)を巡り、見事なまでにシチリア島の自然美の中に溶け込んだ作品を完成させました。


タオルミーナ
ここからは、風光明媚なリゾート地として知られるタオルミーナの街並みを背景に、撮影されたDAKSの宣伝ビジュアルを、撮影シーンの様子とともにご紹介させていただきます。


タオルミーナで最も有名な広場”4月9日広場”での撮影シーン そこで撮影した実際のビジュアル


"4月9日広場"にそびえるバロック建築のサンジュゼッペ教会 そこで撮影した実際のビジュアル


タオルミーナで一番人気のTHE ASHBEE HOTEL ASHBEE HOTELから望むタオルミーナの街並み


ASHBEE HOTELの敷地内で撮影した実際のビジュアル


タオルミーナから望むイオニア海に浮かぶ海上ボートでの撮影シーンとそこで撮影した実際のビジュアル


シラクーサ
タオルミーナを後にし、撮影チームが次に向かったのは、シチリア島南東部に位置する、ギリシャ・ローマ時代の遺跡が多く残っていることでも有名な街シラクーサ。豊かな自然と芸術的建造物、そしてなにより長い歴史を刻んだ数々の遺跡といった魅力的要素が多く、2005年には世界遺産に認定されています。大きな橋をはさんで新市街と旧市街(オルティージャ島)に分かれており、DAKSのビジュアル撮影は、旧市街のメインスポットとも言える、バロック様式建物が並ぶ広場前を中心に執り行われました。

広くて美しいこの広場には、紀元前5世紀に建設されたギリシャのアテナ神殿が改装された美しいシラクーサ大聖堂(ドゥオーモ)がそびえ建ち、ただならぬ存在感を放っています。数々の映画の舞台になったことでも有名なこの場所で、DAKSも2日目の撮影に挑みました。


シラクーサ大聖堂 シラクーサ大聖堂前撮影シーン


シラクーサ大聖堂前での撮影を終え完成したビジュアル


ノート
そして最後に向かったのが、シラクーサの南方32キロの標高約165mの穏やかな丘の斜面にある、バロック様式で統一された街ノート。1693年にシチリア東部を襲った大地震により、街のほとんどが壊滅してしまったという歴史がありますが、その後、後期バロック様式によりノートの街は見事に再建し、2002年にはその美しさが認められ世界遺産に登録されました。新しく築かれたノートの街は、メインストリート、ヴィットリオ・エマヌエーレ通りを中心に構成されており、青い空の下に映える淡い黄金色のバロック建築物は、明るく華やかな印象を与えてくれます。この街でのDAKSの撮影は、広々とした前階段を持つバロック様式のノート大聖堂の近くにそびえる、サン・フランチェスコ教会で執り行われました。


ノート大聖堂


サンフランチェスコ教会前での撮影シーン 実際の撮影ビジュアル


2015年の春夏アイテムを身に纏ったモデル達が、シチリア島の自然と歴史的建造物の中に見事なまでに溶け込み、英国DAKS社、日本の撮影チームが総力をあげて作り上げた2015年春夏宣伝ビジュアルは完成いたしました。

今回ご紹介させていただきました宣伝ビジュアルは、東京国際空港(羽田空港)の国内線ターミナル内ならびに大阪伊丹空港の出発ロビーにも掲出しておりますので、ご旅行などで空港を利用される際には、ぜひご覧ください。


東京羽田空港第一ターミナル(北ウィング)
1F到着コンコース

大阪伊丹空港
北ターミナル(JAL)18番ゲート
南ターミナル(ANA)10番ゲート


当ページで紹介しております商品は、全国主要百貨店内のDAKS紳士服・婦人服売り場で販売しておりますが、
一部の商品はすでに販売が終了している場合もあります。
DAKS紳士服に関する問い合わせ先: 株式会社オンワード樫山 0120-586-300(お客様相談室)
DAKS婦人服に関する問い合わせ先:三共生興ファッションサービス株式会社
東京 03-6418-0781 大阪 06-4964-6680