Home 英国情報 Vol.31


UK 英国情報

「DAKSを象徴するDDロゴやクレスト(紋章)に秘められた想い」

DAKS(ダックス)と聞いて真っ先に連想するものは何でしょうか?
それは、世界で最も贅沢な繊維を代表するキャメル、ビキューナ、そして黒を合わせた3色で構成された「ハウスチェック」といっても過言ではありません。1976年にこのハウスチェックが考案されて以降、DAKSは、商品のみならず、広告宣伝やパッケージなど、様々な場面でDAKSを象徴するアイコン的存在としてハウスチェックを使用してまいりました。



商標登録されているDAKSオリジナルハウスチェック


ハウスチェック考案後、発行されたDAKSのシーズンカタログや宣伝ビジュアルには、ハウスチェック商品を身に纏ったモデルが表紙を飾り、チェック柄を新鮮にアピールしながら、DAKSを象徴するタータンチェックとして世に広めてまいりました。



1980年代カタログ表紙

1900年代カタログ表紙

2000年代カタログ表紙

2007年秋冬宣伝ビジュアル

2010年春夏宣伝ビジュアル

2014年秋冬宣伝ビジュアル


では、ハウスチェックに次ぐ、ブランドの代表的アイコンは何でしょうか?
今では、紳士・婦人服だけでなく、バッグや帽子、傘や靴下などのアクセサリーに至るまで、DAKSブランドのワンポイントモチーフとして広く用いられている「DDロゴ」が挙げられます。


1970年代に考案されたDDロゴ


DDロゴは、ハウスチェックと同じ1970年代に考案されたDAKSブランドの登録商標の一つで、ハウスチェックと並びブランドの顔として長年使用されてまいりました。




この“DAKS”の“D”をかたどったワンポイントモチーフをよく見ると、5本線が入っていることにお気づきでしょうか。このロゴに入れられた5本線は、五輪マークの5つの輪と同じ、ユーラシア、北アメリカ、南アメリカ、オーストラリア、そしてアフリカの5大陸を意味し、まさに世界で展開するグローバルブランドとしての誇りを表しているのです。

ブランド発祥の地であるイギリス・ロンドンにおけるDAKS旗艦店は、世界随一の高級ショッピング街であるオールドボンドストリートに面しており、そこから世界各国に向けて最新のコレクションを発信しています。1900年代初頭に既に世界を市場として捉えていたDAKSは、今では、ヨーロッパでの展開のみならず、東南アジアでも高い評価と支持を得ており、日本をはじめとする、韓国、中国、台湾、タイにおいても高品質な商品がお客様の元に届けられ世界的なファッション・ブランドとして成長を遂げてまいりました。DDロゴの5本線に込められた想いの通り、まさに120年もの歴史の中で、DAKSが真のグローバルブランドとしての地位を築き上げることができたのです。

そして、今年2015年のDAKS春夏コレクションでは、“Evolution by DD(DDロゴと共に進化するDAKS)”をテーマに、ハウスチェックに変わる新たなブランドの象徴として、このDDロゴを積極的に活用してまいります。

創業120余年という長きに亘るブランドの歴史を尊重しながらも、これからは未来に向けて「進化」(Evolution)していくという想いを込めて、DDモチーフを使用した商品がアイテムの枠を超えて数多く展開されています。


Evolution by DDキービジュアル


2015年春夏紳士コレクションより
ミラノコレクションでも注目を集めたDDモチーフをキルティング加工で表現したラムレザーブルゾン。肌馴染みの良いベージュ調のニットと合わせて。
BLOUSON
JR0120
¥300,000+税
KNIT
KR0102
¥39,000+税

DDモチーフを凹凸で表現したニットは、写真(左)との色違いです。

KNIT
KR0102

¥39,000+税

DAKSのアイコンであるDDモチーフをあしらったインパクトのあるニット。
KNIT
KR0121

¥49,000+税

写真(左)と配色違いのニットは、DDロゴに入ったブルーの挿し色がポイントです。
KNIT
KR0121

¥49,000+税


2015年春夏婦人コレクションより

DDモチーフをモノグラム調にプリントした優しいドレープが印象的なシルクシフォンのブラウス。程よいボリュームのトップスは、シンプルなパンツにサラっとあわせるだけで存在感抜群のスタイルに。
BLOUSE
14-951001

¥85,000+税

風に揺れるような柔らかいシルククレープ素材を使ったワンピースは
上質な素材の良さを引き立てるシンプルなデザイン。
ロンドン・ミラノコレクションでも注目を集めたモノグラム調のDDモチーフプリントで上品なトレンド感を演出します。
DRESS
14-901002

¥120,000+税


2015年春夏コレクションでは、既にご紹介いたしました紳士・婦人服に限らず、ハンカチやスカーフ、紳士パジャマやインナーウェアなどでも、このDDモチーフを使用した商品を展開しておりますので、売場で目にすることがあれば是非手に取ってご覧ください。

DAKS紳士服に関する問い合わせ先:
株式会社オンワード樫山 お客様相談室 0120-586-300

DAKS婦人服に関する問い合わせ先:
三共生興ファッションサービス株式会社 東京 03-6418-0781 / 大阪 06-4964-6680


DDモチーフに描かれた5本線に込められた想いはお伝えした通りですが、実は1969年に考案され、後に王室直属の機関である英国「紋章院」に正式登録されたDAKSの紋章にも、同じような意味合いが込められています。

1439年に創立し、いまや10万点以上もの英国紋章のデザインが保管されている英国紋章院では、紋章官が依頼を受けた個人や団体の歴史上のストーリーから象徴する土地やシンボルを選び出し、一つ一つ新しい紋章をデザインしていきます。英国DAKS社にあるDAKSアーカイブミュージアムには、創業者シメオン・シンプソンの長男サミュエル(Dr.レオナルド)・シンプソンが、当時の紋章院総裁に向けて紋章作成に際して必要とされるブランドの情報を手紙で伝えたという、当時の手紙が原本で保管されています。



アーカイブミュージアムに保管されている当時の手紙


ここからは、この世にたった一つしかない、唯一無二の存在であるDAKSの紋章のデザインに秘められたストーリーをご紹介させて頂きます。


DAKS紋章(クレスト)


まず、真ん中に描かれた白地に赤の十字架は、セントジョージの赤十字でイングランドの国旗を再現しています。そこに描かれた2輪の花は、スコットランドの国花であるアザミで、当時、DAKS最大の工場(ラークホール工場)がスコットランドにあったことを表しています。また、エセックス州もしくはミドルセックス州のシンボルとなっている剣が、赤十字の中心に描かれていますが、これは、DAKSの創業の地がミドルセックスストリートであったことから、その地を象徴する剣が描かれたのだと言われています。さらに紋章上部には、開業当初紳士服に特出していたことを示す鎧の拳が優秀を意味する冠から出ており、特筆すべきは、その拳が地球儀を握っているという点です。
まさに、DAKSが当時からヨーロッパのみならず世界をマーケットとして捉えていたということが読み取れるデザインになっているのです。

また、紋章に入っている「ASPICE SEMEL」はラテン語で「一目瞭然」を表し、DAKSのキャッチフレーズである「One Look Tells You It's DAKS(一目でDAKSと分かる)」の意味を表しています。DAKSが永遠のポリシーとして掲げる"DAKSらしさの追求"と"物づくりへのこだわりの精神"がこの紋章からも伺うことができます。

2015年春夏DAKSゴルフコレクションでは、DAKSの紋章(クレスト)の刺繍が胸元に施された紳士・婦人のポロシャツやカットソーを、春夏らしい爽やかな色合いでバリエーション豊富に展開しています。機能性・快適性への追及という、物づくりに対するこだわりの精神が今もなお受け継がれたDAKSゴルフのコレクションは、全国有名百貨店にて取り扱いがございますので、ぜひ手にとってご覧下さい。


2015年春夏ゴルフコレクション


婦人バッグ

紳士インナーウェア


商品に関する問い合わせ先

DAKSゴルフ:

株式会社オンワード樫山 お客様相談室 0120-586-300

婦人バッグ:

株式会社クイーポ 03-3268-9111

紳士インナーウェア:

アングル株式会社 東京 03-5643-9341 / 大阪 06-6268-9820


現在でも、紋章そのものがある種の信頼の証であることは変わりなく、紋章が紋章院から認定されたということは、いわば、英国王室からそのブランドの存在を認められたということになります。企業が紋章を作る際には、最低でも10年間の安定した実績が不可欠となることからも、紋章を作るということは、歴史にその名を残す業績をあげ、永遠にブランドを成長させていくことを誓うという決意の表れでもあるといわれています。


1969年に考案された紋章が認定されたことを示す正式認定書


120年以上にも亘る歴史の中で培われてきたプライドを永遠に鼓舞し続けながら、唯一無二の英国ブランドとして、今年、創業121年目を迎えたDAKSは、新たな未来に向け進化してまいります。



2015年春夏のDAKSコレクションを乞うご期待ください。