Home 英国情報 Vol.24


UK 英国情報

-ロンドンの優雅な週末-

【コロネーション・フェスティバル】

1953年にウェストミンスター寺院にてエリザベス女王の戴冠式(コロネーション)が行われてから今年で60周年を迎えました。この記念すべき年を祝福する公式行事として、英国ではロイヤル・ウォラント協会主催の『コロネーション・フェスティバル』が開催され、英国王室御用達の企業約200社が参加し、7月11日から14日の4日間バッキンガム宮殿の庭園にてショーや商品の販売を行いました。

このフェスティバルは、エリザベス女王にとって非常に意義深いものと言われ、歴史上初めてバッキンガム宮殿の庭園が一般公開される希少な機会となり、英国王室関係者はもとより、国内外から厳選されたメディアやVIP、また3日間で6万名の一般公募で選ばれた人のみが特別に入場できる、歴史的にも類のないイベントでした。

敷地内は広大で、その広さは約16万平方メートル(40エーカー)にもおよびます。庭園内には池もあり、木々が生い茂り、さながら森を連想させるところもあるほどです。今回幸運にもバッキンガム宮殿内庭園に入ることができたこの栄誉ある約6万人の人々にとって、一生の財産と言っても過言ではないほどの経験になったことと思います。


英国王室の象徴、バッキンガム宮殿:正面から


バッキンガム宮殿の絵図。ロンドン中心部に広大な敷地を持つ

バッキンガム宮殿:庭園側上空から


宮殿前に設けられた特設会場にて行われているイベント

会場内にはこんな煙突掃除夫も登場!


会場内は多くの来場者で賑わった

50年以上もの長きに亘り、エリザベス女王から授与されたロイヤル・ウォラントを保持し続けるDAKSもこのイベントに参加し、参加約200社の展示ブースの中でもひときわ目立つショップを構え、紳士・婦人のウェアからバッグやスカーフなどのアクセサリーにいたる幅広い商品の展示及び販売を行いました。このショップは、DAKSが新たに導入した新ショップコンセプトに基づき、落ち着いた雰囲気でウッド仕様が特徴的です。また、ショップの側面には、1930年代当時、DAKSの宣伝・広告塔だった、マックス・ホフによるDAKSのイラストをプリント。新旧のブランドの要素を上手に表現し、多くのお客様やVIPの方々にお買い物をお楽しみ頂きました。


バッキンガム宮殿内に設けられたDAKSショップ

ショップ側面にプリントされたマックス・ホフのイラスト

このショップでは、1953年の戴冠式で女王が乗った馬車をイメージしデザインされた限定のスカーフや、女王戴冠60周年を祝しデザインされたDAKSオリジナルモチーフをあしらった商品等も販売されました。
このスカーフは、女王戴冠60周年を記念しデザインされた今期限定の希少価値の高い一品です。英国をはじめ、日本国内を含む世界各国のDAKSショップにて販売されています。

女王戴冠60周年記念のDAKSオリジナル限定スカーフ

また、このコロネーション・フェスティバルのイベントの一つとして、「英国」を3つのテーマに分け、それぞれの視点から見た「英国」を表現するファッションショーが実施されました。通常のファッションショーとは違い、フェスティバルに参加している王室御用達ブランドが、それぞれのテーマに合ったウェアでコーディネートを組み、まさに英国のファッションブランドが互いに協力し合い、"THE英国"という不変のブランドを紹介、とても印象的な催しでした。もちろんその中にはDAKSのコーディネートも多数登場し、英国トラディショナルブランド、そして長年英国王室からロイヤル・ウォラントを授与され続けている栄誉あるブランドとして、DAKSらしさあふれるウェアが紹介されました。

ここでショーの雰囲気をご紹介します。

まず会場は、宮殿内庭園の一角に設けたステージで行われました。木々が生い茂る中にショーステージを設け、パネル等も全てリーフ(葉)をあしらった仕様で、とてもガーデンチックな雰囲気でショーが演出されたのが印象的で、通常のファッションショーとは違う、斬新さが面白いショーでした。


ショーステージ:まるで森の中でのショーのよう

それら3つのテーマの一つが「Best of British Show」。BGMにはビートルズの曲が流れ、ショーの冒頭は英国国旗を持った兵隊がステージに登場し、ショーが始まりました。このグループでは、軍隊、カントリースタイル、スコティッシュダンス、英国紳士・淑女をイメージしたスタイリング等、歴史と伝統を感じさせる演出が特徴的です。その中でも、「これぞ英国」というユニークなスタイルが「007」をテーマにしたグループ。「英国の歴史と伝統」が紹介された後、クライマックスには誰もが知る「James Bond」を思い起こす黒のサングラスをかけたスーツ姿の男性に、ドレスを着た女性が寄り添ってCatwalkを歩く様は鳥肌が立つほどでした。
まさに、3つのショーのスタートを切るにふさわしい、「これぞ英国!!」が凝縮されたものでした。


大英帝国を思わせるミリタリーウエア

「007」をイメージしたグループ

続いて、「Diamond & Pearls Show」と「Vintage Picnic Show」のテーマでのショーが行われました。
まず、「Diamond Pearls Show」は、英国の伝統と歴史を感じさせる特有のエレガントさに、新たな息吹を吹き込んだとても斬新なコーディネートやスタイリングが紹介されました。特に、"Masquerade"というグループでは、仮面舞踏会を連想させるスタイリングが多く登場しとても印象的でした。
最後は「Vintage Picnic」をテーマとしたショー。この3回目の「Vintage Picnic Show」では、冒頭に「不思議の国のアリス」のアリスが登場。可愛らしさ溢れる雰囲気でスタートしました。

花柄が印象的な英国のサマースタイル。中央にはアリス

この3回目の「Vintage Picnic」をテーマにしたショーでは多くのDAKSのウェアが登場し、ブランドの象徴でもあるハウスチェックを大々的に使ったコーディネートを中心に、ミラノコレクションやロンドン・ファッション・ウィークでも紹介したスタイルも登場。その瞬間は、まるでDAKSのファッションショーを見ているかのような錯覚に陥ったほどでした。
このテニスラケットを持った女性が穿いているキルティングのスカートは、ロンドン・ファッション・ウィークで紹介され、また、ハットをかぶった上品な英国紳士スタイルは、ミラノコレクションで登場した商品です。



それ以外にもDAKSのハウスチェックをコーディネートに加えた、ストローハットをかぶったサマースタイルやゴルフスタイル、それにドレススタイル等、DAKSの存在感が際立つショーでした。3回のショー全てにおいて客席はほぼ満席。"THE英国"のファッションショーを満喫されていました。

ハウスチェックを使用したコーディネート

その他、フェスティバルの協賛を行った高級車メーカーのジャガー・ランドローバーやベントレーの展示ブースも設けられ、緑豊かな広大な敷地に年代もののクラシックカーや最新の車種がずらりと並び、時代を感じさせる展示でした。また、会場の特設スペースでは、ロイヤル・ウォラントを授与されたレストランのシェフ達による料理の実演が1日8回行われ、テイスティングをはじめ、家庭で料理をつくる上でのコツなどのレクチャーも実施していました。

ジャガーのラインアップ 特設会場で料理の実演も実施

さらには、7月11日から13日までの3日間夜になると、60年間あまりの英国音楽の卓越さと革新性を記念した「コロネーション・フェスティバル・ガラ」が執り行われ、クラシックからポップまで、この60年の英国と共に聞かれてきた多種多様な英国のミュージシャン達が集い、長い英国の夜を熱気に包ませていました。

GALAにて歌うメゾンソプラノ歌手のKatherine Jenkins(左)とテノール歌手のRussell Watson(右)

コロネーション・フェスティバル 公式ホームページ



【DAKSコロネーション企画】

史上初めてバッキンガム宮殿の庭園を一般公開し、国を挙げてエリザベス女王戴冠60周年を祝福するこのコロネーション・フェスティバルに参加する栄誉を担ったブランドとして、この記念すべき年を祝うべく、DAKSでは限定モチーフや記念チェックを考案し、それらデザインを使用した「コロネーション企画」の限定商品を世界各国のDAKSショップにて販売しております。

そのDAKSが考案した記念の柄や商品をご紹介します。
一つは限定モチーフです。これは、1953年の戴冠式で女王が大主教より授かった王冠をイメージしデザインされました。このモチーフは、ワンポイントモチーフとして使用されるだけでなく、特別記念商品に付くラベルとしても使用されており、コロネーション・イヤーを象徴する今シーズンの代表的モチーフとなります。

1953年戴冠式当時の写真 DAKSオリジナルの記念モチーフ

もう一つは、DAKSがこの女王戴冠60周年を記念しデザインしたタータンチェックです。 「DAKSといえばチェック柄」と連想される方も多いかとは思いますが、英国の伝統的且つ象徴的ファッションデザイン要素でもあるタータンチェックを、現代風にアレンジしデザインされたのが「バルモラル・タータン」です。

そもそも「バルモラル」とはエリザベス女王のスコットランドの邸宅でもあるバルモラル城(Balmoral)のことで、そこは女王をはじめとするロイヤル・ファミリーが夏の避暑地として、また秋冬のアウトドアやレジャーを楽しまれる場所として毎年訪問される英国王室所有の離宮です。DAKSのアーカイブ資料にも『Balmoral Kilt』と名づけられたキルトスカートがあるなど、古くから王室とゆかりの深い関係があります。

DAKSが記念チェックとして考案したバルモラル・タータン

これらモチーフやタータンチェックを使用した商品は、日本国内でも「コロネーション企画」として、百貨店内紳士・婦人服各ショップを中心に販売しております。いくつか商品のご紹介をさせて頂きますので、是非この機会にDAKSの売り場にお立ち寄り下さい。
*「コロネーション企画」を含めた2013年DAKS秋冬新作コレクションのカタログも公式ホームページ上でご覧頂けます。
(紳士:http://www.daks-japan.com/menswear/catalog/2013awmens.html
(婦人:http://www.daks-japan.com/womenswear/catalog/2013awwomens.html


<DAKSコロネーション企画商品>


ブルゾン   JR0703   ¥178,500
シャツ HS0705 ¥25,200
トラウザーズ PP0702 ¥29,400
ハット HT0710 ¥34,650
スカーフ SF0701 ¥19,950

モダン且つスタイリッシュな表情のG-9型ブルゾン。 上質なラムレザーを使い、
エレガントにもカジュアルにも着こなせるデザインが魅力的です。ドレッシーな
ストライプ柄のシャツと合わせるとよりシックなイメージに。またデニムパンツと
合わせれば上品な大人の休日スタイルが完成します。
※ライニングにはコロネーション限定モチーフの刺繍が施されています。


ハット   HT0710   ¥34,650

エリザベス女王戴冠60周年を記念しデザインされたDAKSオリジナルモチーフです。
戴冠式の際、女王が乗られた馬車をイメージした今シーズン限定のモチーフを、細部
まで忠実に再現したとても手の込んだ刺繍。このモチーフはコートやレザージャケット、
帽子等の記念商品のみに施され、格別の存在感をたたえます。


ベスト   VR0701   ¥34,650
シャツ HS0707 ¥25,200
トラウザーズ PP0701 ¥29,400
ハット HT0723 ¥13,650

エリザベス女王戴冠60周年を記念してDAKSが考案したバルモラルタータンの
カジュアル シャツ。シャツと同素材のチェック柄が背裏に使用された微起毛の
コットンベストを コーディネートして、少し気取った秋のお洒落を堪能して下さい。


ジャケット   11-611088   ¥51,450 (L)¥53,550
ニット 11-671082 ¥38,850 (L)¥38,850
スカート 11-622183 ¥51,450 (L)¥53,550
グローブ 16-640104 ¥18,900
ネックレス 52-631610 ¥15,750
※ジャケット、スカートは先行受注商品

エリザベス女王戴冠60周年を記念してDAKSが考案した バルモラルタータン
(グリーン)。英国らしいシックなチェック素材と組み合わせて着やすさを追求した
ニットジャケットに王道のキルトスカートと色鮮やかなインナーを合わせて
DAKSの代表的な上質カジュアルスタイルの完成です。


コート   11-682184   ¥199,500  (L)¥210,000
ニット 11-672089 ¥40,950 (L)¥40,950
トラウザーズ 11-631933 ¥28,350 (L)¥30,450
ストール 16-621129 ¥12,600
※ニットは先行受注商品

カシミヤをブレンドした上質なウールを使い、表にシックなグレー、
裏に今季限定のバルモラルタータン(レッド)を効かせたコントラストが
美しいコート。トレンドの丸みあるゆったりしたシルエットが若々しく
フレッシュな印象です。首元にはたっぷりとしたチェックのマフラーを
合わせ、顔周りを明るく演出。

※値段は全て税込表記




真の王室御用達ブランドとしてのプライド、そしてモノづくりへのこだわりが凝縮された珠玉の記念コレクションは、お客様にとっても素敵な「記念」となる一品になること間違いありません。

長きに亘り英国の国家元首として国民に親しまれているエリザベス女王。そして、そんな女王の記念すべき年を、宮殿庭園を一般公開するという斬新な発想で祝う英国国民。「これぞ英国」の全てが詰まったこのイベントは、英国の歴史に刻まれる貴重な祭典になったことと思います。

DAKSは、日本国内においても引き続き、商品を通じてこの女王戴冠60周年を祝う様々なイベント・プロモーションを実施して参りますので、是非DAKSの売場にお立ち寄り下さい。



【英国情報に関する問い合わせ先】
三共生興株式会社内 ジャパン・ダックス・シンプソン事務局 TEL:06-6268-5375