Home 英国情報 Vol.14


UK 英国情報

‐DAKSテディベアキャンペーン‐


今回の英国情報では、間もなく迎える2月14日のバレンタインデーの起源を交えながら、DAKSブランド創業の地である英国でのバレンタインの過ごし方をご紹介させていただきます。最後には、DAKSがオススメするバレンタインギフトもご紹介しておりますので、バレンタインのプレゼントでお悩みのお客様は、是非プレゼント選びの参考にしてみて下さい。

【バレンタインデーの起源】
バレンタインデーの起源については諸説ございますが、現在最も有力な説と考えられているのが、ローマ帝国時代のルペルカリア祭とキリスト教司祭であったウァレンティヌス(バレンタイン)が処刑された日という2月14日にまつわる2つの出来事を合わせたものです。

当時、ローマでは、2月14日は女神ユノの祝日でした。ユノはすべての神の女王であり、家庭と結婚の神でもありました。翌2月15日は、豊年を祈願する“ルペルカリア祭”が始まる日であり、当時、別々に生活していた若い男性と女性が唯一知り合える機会でもありました。祭りの前日である2月14日に若い女性たちは自分の名前を書いた札を桶の中に入れ、翌日、男性たちはその桶の中から一枚の札を選び、引いた札に書かれている女性と祭りの間パートーナーとして一緒にいることができ、そのまま恋におち結婚したと言われています。

ところが、ローマ帝国皇帝クラウディウス2世は愛する人を故郷に残した兵士がいると士気が下がるという理由で、ローマでの兵士の婚姻を禁止してしまいました。キリスト教司祭だったウァレンティヌス(バレンタイン)は若者たちを哀れみ、皇帝に隠れて密かに兵士を結婚させていましたが捕えられ2月14日に処刑されたのです。

この2月14日はルペルカリア祭の前日にあたることから、ウァレンティヌス(バレンタイン)の処刑は、ルペルカリア祭への生け贄とも解釈され、以後、この日はキリスト教徒にとっても祭日とされ、「恋人たちの日」となったのが一般論であると言われています。

【英国式バレンタインデー】
英国においても、2月14日のバレンタインデーは「愛を伝える日」と認識されておりますが、日本特有の「女性から男性へ」の一方通行的な伝え方ではなく、男女どちらから告白してもよく、その際には、必ずカードを贈る伝統があります。そのカードには決して自分の名前は書かずあくまでも自分の思いだけを綴って、カードを受け取った人は「送り主は誰だろう・・・。」とドキドキしながら贈り主の顔を思い浮かべるのです。晴れてバレンタインで恋が成就しカップルになってからも、結婚して夫婦になってからも、名前を書かずに思いだけを綴ったカードを贈るというルールは続くと言われ、バレンタインカードは相手に直接渡さず、テーブルなどにそっと置いておくそうです。「ひそかな」思いを伝える。これこそがイギリス流の愛の伝え方ということかもしれません。

イギリスで最初に贈られたバレンタインのカードは、1415年、アジャンクールの戦いにより捕虜としてロンドン塔に幽閉されていたフランス人のチャールズ(デューク・オブ・オリオン)が妻に宛てて贈った手書きの詩だと言われています。
その後、16世紀までには、バレンタインデーにカードを贈ることが上流階級の間に広まり、18世紀の終わり頃には、キューピッドとハートで彩られたカードが販売されるようになりました。

ローマ神話によれば、愛と美の女神といわれた「ヴィーナス」の息子である「キューピッド」とはラテン語で「願望」を表わし、恋愛の神とされてきました。キューピッドが矢で人間の心を傷つけて、彼らが恋に落ちるようにいたずらをしたと言われています。また、赤いハートは忠誠心の象徴とされており、バレンタインの時期になるとキューピッドやハートをモチーフとした商品をよく目にするのにも理由があったのです。

イギリスでは、カードだけではなくバレンタインにプレゼントを贈り合うというのも一般的です。プレゼントは女性から男性へ贈られるものとは限らず、多くの男性が女性にプレゼントを贈り、カップルの場合、お互いにプレゼントを交換し合ったりもします。プレゼントの内容は日本のようにチョコレート一色というわけではなく、花、ケーキ、香水など様々です。欧州で男性から女性へ贈られるバレンタインギフトの中で最も伝統的でポピュラーなものの一つが、赤いバラです。バレンタインデーに花を贈る習慣ができたのは、17世紀頃のことと言われていますが、中でも赤いバラが愛の告白のメッセンジャーとして選ばれるのは、愛の女神「ヴィーナス」のお気に入りの花が赤いバラだったということ、また、赤い色は強い愛情を示し相手への深い愛の象徴と捉えられているからです。

このように英国式バレンタインデーの起源は古く、数世紀に亘る歴史があり、自分の思いを綴ったカードを贈るという伝統は、今もなお英国文化の一つとして受け継がれているのです。

Valentine(バレンタイン)という英単語には、恋人や愛する人という意味もあることから、バレンタインカードには、”Be My Valentine(私の愛する人になってください)”や”You are My Valentine(あなたは私の愛する人です)” ”To My Valentine(私の愛する人へ)”といったメッセージが添えられているのです。

【日本式バレンタインデー】
一方、日本では今でこそバレンタインデーと言えば、女性から男性にチョコレートを贈る日として広く一般的に認知されていますが、その歴史は浅く日本に定着したのは、1970年代後半に入ってからとなります。戦後まもなくして流通業界や製菓業界によって、チョコレートの普及を目的としたバレンタインデーの宣伝活動を実施されましたが、大きな反響が得られず、総じて、戦後の1950年代には人々の中にはバレンタインデーの贈答品はチョコレートであるという意識はまだ低く、日本での定着は難しいとの見方もありました。しかし、数十年を経て1970年代前半に入るとチョコレートの売上が急増し、女性から男性に親愛の情をこめてチョコレートを贈るという「日本式バレンタインデー」がようやく定着してきたのです。贈答品にチョコレートが重視され、女性から男性への一方的な贈答であるという点は、英国含むヨーロッパにはない、まさに日本独自の習慣と言えます。日本での普及に際しては、中世ヨーロッパにおけるバレンタインデーの起源として語られているようなキリスト教との直接的関連はほとんど意識されておらず、企業の商業活動が一役を担ったと言えます。

バレンタインデーから派生した日本独自の文化として定着したものの中に、「義理チョコ文化」が挙げられます。1980年代頃からは、恋愛感情がない職場の同僚やお世話になった上司、兄弟や父親などには「本命チョコ」とは一線を画す「義理チョコ」を贈る習慣が出てきました。以後、製菓業界ではバレンタインデー用として、多種多様なチョコレートを販売するようになり、バレンタインデー間近になると百貨店の洋菓子売場には、チョコレートを買い求める女性で溢れ返るほど、バレンタインデーが一つのイベントとして賑わいをみせています。

また、1970年代の「日本式バレンタインデー」の普及に乗じて、日本特有の文化として生まれたのが「ホワイトデー」です。バレンタインの1ヶ月後の3月14日をホワイトデーと呼び、バレンタインデーのお返しとして主に男性から女性へプレゼントをする習慣が定着いたしました。ホワイトデーの起源としては、1980年代に入り製菓業界の間で、バレンタインデーのお返しをする日を作ってはどうかという案が出され、チョコレートの価値とつり合ったクッキー・マシュマロ・キャンディなどをお返しの贈り物としてこの日に売り出す菓子店が続出し、全国に普及したとの説が有力です。お返しのプレゼントは、バレンタインデーでのチョコレートほど画一的なものはなく、「バレンタインデーのお返しは3倍にして返すのが礼儀」といったことがTVや雑誌等のメディアで語られるようになり、人々の潜在的意識の中に浸透するようになってからは、プレゼントとして指輪やネックレスなど高価な商品を男性が購入する光景も多く見られるようになりました。欧米のバレンタインデーでは「女性から男性に」という意識がないため、ホワイトデーのようなお返しの文化はなく、日本の影響を受けた韓国・台湾・中国の一部など東アジア特有のものとなりました。

このように、返礼を目的とした「ホワイトデー」の普及や、お世話になった職場の上司や、父親や兄弟に感謝の気持ちを込めて贈る「義理チョコ文化」の定着は、まさに礼儀を重んじる日本人の国民性が生み出した、日本ならではの文化であると言えるでしょう。

今年、英国ブランドDAKSでは、中世ヨーロッパで普及したバレンタインの起源に着目し、恋愛の神様とされてきたキューピッドと愛を象徴するハートのデザインに、オリジナルカラーのDAKSハウスチェック柄を組み合わせたモチーフを制作し、2012年春夏の商品や期間限定のノベルティ等に使用いたします。


英国DAKS社デザイン キューピッド・ハートモチーフ


オリジナルノベルティ(メモ帳)
※DAKS公式オンラインショップにて
10,000円以上(税別)の商品をご購入頂いた方に進呈致します。
(期間:1月14日~2月14日)
http://www.daks-japan.com/onlineshop/

ここでは、キューピッドモチーフの提げ札を付けて販売するバレンタイン限定デザインのネクタイの他、バレンタインカラーとされるピンクを用いた商品をご紹介させていただきます。今年のバレンタインデーには、DAKSがオススメするギフトに、バレンタインデーにカードを贈るという英国式伝統に習い、お客様の思いを込めた素敵なカードを添えてプレゼントしてみてはいかがでしょうか。

2月14日のバレンタインデーがお客様にとって素敵な一日になります様に・・・


(右)ZIPカーディガン 29,400円
   シャツ 25,200円
(左)ベスト 26,250円
株式会社オンワード樫山
0120-586-300(お客様相談室)
ネクタイ 各10,500円
アラ商事株式会社
03-3639-0129
パジャマ(ピンク)10,500円
パジャマ(グレー)13,650円
日登美株式会社
047-377-4455
トランクス 2,415円(M/L)3,045円(LL)
アングル・ミユキ株式会社
0120-100585(フリーダイヤル)

※トップページのメニュー一覧から「プレゼントキャンペーン」ボタンをクリックして頂くと、写真(上)の商品以外のバレンタインギフトもご覧頂けます。
※ネクタイはバレンタイン限定品となりますので、数に限りがございます。予めご了承下さい。

英国関連イベント情報

掲載の情報は2012年1月13日現在のものです。お出かけになる際は必ず最新の情報をご確認ください。

VOICES! By Beezer(What Are We Saying? Are You Listening?)

DIESEL ART GALLERY(東京・渋谷区)では、マッシヴ・アタックやマーク・スチュアート、トリッキー といったミュージシャンらと80年代を共に過ごし、その姿をレンズにとらえた、イギリス・ブリストル出身のドキュメンタリー写真家Beezer(ビーザー)の写真展を開催しています。

今回の写真展「VOICES!」では、未発表作品を含む、1980年代半ばのイギリスの若者の姿を写し出した作品を、「VOICES of Protect」、「VOICES of Music」、「VOICES of Art」、そして「VOICES of People」 の4グループに分けて展示されています。

ホームタウンのブリストルを舞台に若者文化の輝く瞬間を、自身のフィルムに数多く焼き付けた彼の作品には、のちに世界的なミュージシャンやアーティストとなる友人たちも多数登場します。当時、そして四半世紀を経た現在も、人々は貧困や差別、その背景にある政府、権力へ抗議の「声」を上げ、イギリスの若者たちの力が、時代を動かし変革をもたらす原動力となっていることをBeezerの作品は感じさせてくれるでしょう。
◎会期:
2011年11月18日(金)~2012年1月29日(日)
※このイベントは終了致しました。
◎会場:
DIESEL ART GALLERY
◎URL:
http://www.diesel.co.jp/art
◎住所:
東京都渋谷区渋谷1-23-16 cocoti B1F
◎電話番号:
03-6427-5955
◎開館時間:
11:30~21:00
◎休館日:
不定休

ストリート・ライフ ヨーロッパを見つめた7人の写真家たち

近代化に伴い急速な変化を遂げる都市のすがたを記録として残そうと、写真が有効に使われたヨーロッパ。国家プロジェクトやキャンペーンとして大々的に写真が使われたアメリカに対して、ヨーロッパでは、一人一人の写真家の感性や創造力によって、記録性と芸術性に優れた作品が数多く生み出されました。今回の展覧会では、トーマス・アナン(英)、ジョン・トムソン(英)、ビル・ブラント(英)、ウジェーヌ・アジェ(仏)、ブラッサイ(仏)、ハインリッヒ・ツィレ(独)、アウグスト・ザンダー(独)の7人の写真家がヨーロッパの歴史を後世に伝えるために写し留めた数々の作品を展示しています。
◎会期:
2011年12月10日(土)~2012年1月29日(日)
※このイベントは終了致しました。
◎会場:
東京都写真美術館 3F展示室
◎URL:
http://www.syabi.com
◎住所:
東京都目黒区三田1-13-3 恵比寿ガーデンプレイス内
◎電話番号:
03-3280-0099
◎開館時間:
10:00~18:00(木・金は20:00まで)
◎休館日:
毎週月曜日(月曜日が祝日の場合は開館し、翌火曜日休館)
◎料金:
一般600(480)円/学生500(400)円/
中高生・65歳以上400(320)円 ( )は20名以上団体料金
※小学生以下および障害者手帳をお持ちの方とその介護者は無料
※東京都写真美術館友の会会員は無料
※第3水曜日は65歳以上無料

トーマス・アナン「グラスゴーの古い小路と街路」より  1868-77年


ジョン・トムソン ロンドンの流浪者 1877-78年


Royal Crown Derby

英国老舗陶磁器ブランド ロイヤルクラウンダービー
ロイヤル・ウェディング記念コレクション発表

ロイヤルクラウンダービーは1750年にイングランドのダービー州で創業した、英国でもっとも歴史のある陶磁器ブランドの一つです。創業以来、その高い品質、確かな技術が英国王室より認められ、1775年に国王ジョージ三世より「クラウン」を、1890年にはビクトリア女王より「ロイヤル」の称号を授けられました。

これまでにも英国王室とゆかりの深い数々の記念作品を制作してきたロイヤルクラウンダービーは、2011年4月29日に執り行われたウィリアム王子とキャサリン妃のご結婚を祝し、 ロイヤル・ウェディング記念コレクションを発表いたしました。英国王室の歴史とともに歩んできた、ロイヤルクラウンダービーならではの珠玉のコレクションをぜひご堪能ください。ロイヤル・ウェディング記念コレクションの詳細ならびに取り扱い店舗情報に関する詳細は、ロイヤルクラウンダービーの日本公式ホームページをご覧下さい。

◎ロイヤルクラウンダービー 日本公式ホームページ
http://royalcrownderby.co.jp/

ウィリアム王子(W)とキャサリン妃(C)の
イニシャルが描かれたマグカップ

お二人のご結婚を祝うエンブレムが描かれた小皿


ピーター・マクドナルド:訪問者

色彩豊かな絵画空間に登場する大きな頭の不思議な人物は何者か?

イギリス在住の若手アーティストで世界が注目するピーター・マクドナルドによる、約1年にわたる長期プロジェクト型展覧会を実施しています。このプロジェクトは金沢21世紀美術館の2つの展示室を基点とし展開。
「長期インスタレーションルーム」では、「サロン」と題し、彼が2002年より描き続けている絵画を一堂に展示し、その作品世界に鑑賞者が出会うことで生まれる鑑賞者と作家の開かれた対話を仕掛けます。

「展示室13」では、ピーター・マクドナルドの絵画イメージが2次元から3次元へ、約17m四方の空間にダイナミックに展開します。若者たちとともに4月下旬より絵画制作に取り組み、完成後はその空間でディスコ、DJ、レクチャー、ワークショップなど様々なプログラムを展開いたします。

■サロンSalon <長期インスタレーションルーム、他>
◎展示期間: 2011年4月16日(土)~2012年3月20日(火・祝) 無料
◎開館時間: 午前10時~午後6時(金・土曜日は午後8時まで)
◎展示内容: 絵画13点、ドローイング25点展示
 
■ディスコDisco <展示室13、他>
◎作品展示: 2011年9月17日(土)~2012年3月20日(火・祝)当日の特別展またはコレクション展の観覧券でご覧いただけます。

ピーター・マクドナルド≪パープル・サロン≫2004
アクリル・グワッシュ/カンヴァス H140×W200cm
Courtesy the artist and Kate MacGarry, London

ピーター・マクドナルド ≪ディスコ≫2009
アクリル・グワッシュ/カンヴァス H76×W100cm
Courtesy the artist and Kate MacGarry, London