Home 英国情報 Vol.7


UK 英国情報

ロイヤル・ウエディングをひかえたロンドンで王室ゆかりの地をウォーキング(前編)

取材&写真:木島タイヴァース由美子(ロンドン在住ブルーバッジガイド)
※ブルーバッジガイドとは英国観光公認の資格を持つガイドを示すバッジが青いことからそう呼ばれています。

スタートはグリーンパークから

エリザベス女王の孫で第2王位継承権を持つウィリアム王子とケイト・ミドルトンさんの結婚式が4月29日にウェストミンスター寺院で行われます。そこでロイヤル・ウェディングにちなんで、ウェストミンスター寺院を最終目的地とした、ロイヤル関係の建物を巡るウォーキング・ルートをご案内させていただきます。バッキンガム宮殿界隈はガイドブックにも多く登場する観光ポイントが密集していますが、意外と知られていない住宅街や知られていない建物が多い地域でもあります。皆さんも是非、このウォーキングに参加して英国の伝統や歴史を肌で感じてください。

後編をご覧になりたい方はこちら

ウォーキングマップ

※ウォーキングの所要時間は約1時間です。
※青の番号のスポットは後編でご紹介いたします。
※このウォーキングマップはルート・ポイントなどを簡略化して表示しています。実際のウォーキングには正確なマップをご利用ください。

出発点はオールド・ボンド・ストリートにあるDAKS本店(写真1・Map1です。ここから地下鉄グリーン・パーク(Green Park)駅はすぐ。


(写真1)

近くにはリッツホテルや日本大使館などがあり、グリーン・パーク(写真2・Map2も目の前です。


(写真2)

昨年からの寒波で雪に覆われることも多かったのですが、春には水仙の花の薄い黄色が緑の芝生を一面に覆い、ひときわ楽しげに踊っていることでしょう。

駅を背にして公園の一番東側の道クイーンズ・ウォーク(Queen's walk)を(写真3・Map3バッキンガム宮殿に向かって歩いてみましょう。道の右側にはガス燈が並び(写真4&4A・Map4、周りを歩く人たちの服装を除けば、まるで200年前のロンドンを歩いているような錯覚に陥るかもしれません。

ロイヤルボックス席から子供たちに笑顔で手を  振るエリザベス女王(前列中央)
(写真3)

間近で観戦される エリザベス女王
(写真4)


(写真4A)

しばらくすると破風にスペンサー家のモチーフであるヤシの葉が刻まれたスペンサー・ハウス(Spencer House)が左に見えてきます。(写真5・Map5


(写真5)

ここはダイアナ妃の先祖である初代スペンサー伯爵が1756年に建てた屋敷ですが、実際にここを使ったのは5代目伯爵まで。その後テナントが次々に変わり、現在は集会や宴会場として貸し出していますが、1月と8月を除く日曜日は、一般に公開されています。

スペンサー・ハウスの隣家の先にある小道への門が開いていたら、左折して周辺を散歩してみてください。 (写真6・Map6


(写真6)

観光ルートからは完全に忘れられてしまった静かな道を歩けば、思いがけない発見があるかもしれません。スペンサー・ハウスの入り口のあるセント・ジェームスズ・プレイス(St. James's Place)に入ってみましょう。ショパンが生涯最後の演奏会場となったギルドホールに向かったのは4番地の家 (写真7&7A・Map7からでした。

ロイヤルボックス席から子供たちに笑顔で手を  振るエリザベス女王(前列中央)
(写真7)

間近で観戦される エリザベス女王
(写真7A)

同じく9番地は1966年から1967年にかけてジプシーモス号で世界一周を果たした航海士フランシス・チシェスター卿が住んでいた家です。 (写真8&8A・Map8

ロイヤルボックス席から子供たちに笑顔で手を  振るエリザベス女王(前列中央)
(写真8)

間近で観戦される エリザベス女王
(写真8A)

セント・ジェームスズ・ストリート(St. James's Street)(写真9・Map9は靴屋、帽子屋、ワイン商など多くの老舗が残る通りです。そしてレンガ造りのセント・ジェームスズ・パレス(St. James's Palace)の正面であるゲイト・ハウス(Gate House)もこの通りの突き当たりにあります。(写真10&10A・Map10

ロイヤルボックス席から子供たちに笑顔で手を  振るエリザベス女王(前列中央)
(写真9)

間近で観戦される エリザベス女王
(写真10)


(写真10A)

実は1837年にヴィクトリア女王が戴冠して以来、すべての君主はバッキンガム宮殿に住んでいますが、公式宮殿として最高の地位にあるのはバッキンガム宮殿ではなく、このセント・ジェームスズ・パレスであることは意外と知られていません(例えば外国の大使が英国に赴任する場合はいまだに「セント・ジェームスの宮廷に派遣される」という言葉を使います)。
セント・ジェームスズ・パレスは、聖者に捧げるために造られた「St. James the Less」という病院の跡にヘンリー八世が当時最も重要であったホワイトホール宮殿(当時はヨーロッパで最大の宮殿でしたが1698年に火災でほとんどを消失。今は通りの名前が残るだけ)に次ぐ宮殿として1530年代に建てられたものです。この宮殿は残念ながら一般には公開されていません。

再びグリーン・パークに戻ってウォーキングを続けましょう。すぐ左手にはミルクメイズ・パッセージ(Milkmaids Passage)という名の細い道があります。昔セント・ジェームスズ・パレスのメイドが宮殿にミルクを運んだ時に使った小道です(写真10B)


(写真10B)

そのすぐ先にあるのがランカスター・ハウス(Lancaster House)(写真11・Map11。現在は外務・英国連邦省の管轄になっているこの建物は、1825年にジョージ三世の息子であるヨーク・オルバニー公爵のために建てられたものです。ここも一般には公開されていません。


(写真11)

グリーン・パークの端まできたら、目前の道がザ・モール(The Mall)です。右手にはヴィクトリア女王の大きなメモリアル(写真12・Map12が見えます。


(写真12)

頂上に立っている金色の彫刻は勝利の象徴で、英国連邦の加盟国であるニュージーランドの人々からの贈り物です。そして、その下にこちらを向いて座っているのが英国で最も長く君臨したヴィクトリア女王の晩年の石像です。彼女が在位した1837年から1901年までの間はヴィクトリア時代と呼ばれ、大英帝国が最も輝かしい繁栄を遂げた時代でした。

このメモリアルの背景にそびえる宮殿がバッキンガム宮殿です。(写真13・Map13


(写真13)

元はといえばバッキンガム公爵の邸宅(Buckingham House)であったものを1761年にジョージ三世がシャーロット妃と家族のために購入したのがこの建物です。部屋数は775室もあるそうです。屋上に女王旗が翻っていれば女王が在宅(写真13A)、ユニオン・ジャックだと留守を示します。


(写真13A)

観光名物のひとつ衛兵交替の儀式(Changing the Guard)は、夏場は毎日、冬場は1日おきに11時半から12時の間に行われます。特に夏場はロンドンにいる観光客が一同に集まったのではないかと思うほどに人が集まるので、かなり早めに行って場所を確保しなければいけません。でも、実はさほど待たなくても見学できるスポットもあるんです。それは、衛兵が音楽を奏でて行進しながら交替儀式に向かうところ、または儀式を終えて兵舎に戻るところをザ・モール(11時15分、または12時15分ころ)かスプール・ロード(Spur Road/11時25分、または12時10分ころ)で見学するのです。(写真14・Map14。これだと少なくとも10分くらい前には到着していれば衛兵の行進が見られます。ただし儀式は雨天の場合は中止なのでお忘れなく。


(写真14)

ここまでのウォーキングはいかがでしたでしょうか。続きが気になるところだと思いますが、
ウォーキングガイドの前編は一旦ここで終了いたします。次回は3月1日の公開を予定しておりますので、それまで楽しみにお待ちください。後編は、ザ・モールの向いに広がるセント・ジェームスズ・パーク(St. James's Park)からウォーキングがスタートいたします!!

英国関連イベント情報

掲載の情報は2011年2月20日現在のものです。お出かけになる際は必ず最新の情報をご確認ください。

ワールドクラシック@シネマ2011

URL :http://livespire.jp

ヨーロッパ各地の有名オペラハウスやバレエ団から選りすぐりのクラシック作品が「ワールドクラシック@シネマ」のスクリーンに登場します。日本でも人気の英国ロイヤル・バレエ団の舞台公演「ロメオとジュリエット」など普段では生で見ることが難しい作品を、臨場感たっぷりに、かつ気軽に鑑賞できるこの機会をぜひお見逃しなく!(上映予定に関しては下記ホームページにて最新情報をご確認ください。)
開催概要:
■ 上映作品
【オペラ】
「カルメン」(2009 年上演)・「シモン・ボッカネグラ」(2010 年上演)・「ばらの騎士」(2009 年上演)・「ドン・ジョヴァンニ」(2010 年上演)
【バレエ】
「ロメオとジュリエット」(2010 年上演)・「白鳥の湖」(2010 年上演)・「クラスコンサート」/「ジゼル」(2011 年上演予定)・「コッペリア」(2011 年上演予定)
上映劇場/上映スケジュール:
新宿バルト9ほか、全国の映画館にて
2011年1月29日(土)より順次上映予定

“Romeo and Juliet” Royal Ballet, 2010 / ©NHK

“Carmen” Teatro alla Scala, 2009 /Photo by Marco Brescia


英国王のスピーチ

URL :http://kingsspeech.gaga.ne.jp/

スピーチができない男が、国王になった。幼い頃から吃音というコンプレックスを抱え、自分を否定しながら生きてきた男、英国王ジョージ6 世が自らを克服し、国民に愛される本当の王になるまでを描いた感動の実話。各国での上映が始まるにつれて、世界に喝采と絶賛の輪が広がっています。すでにアカデミー賞の本命との呼び声も高く、2011年最高の話題作となったこの作品、ぜひご覧ください。
開催概要:
◎2011年2月26日(土)
TOHOシネマズ シャンテ、Bunkamuraル・シネマ他全国ロードショー

(c) 2010 See-Saw Films. All rights reserved.


サイモン・スターリング ー仮面劇のためのプロジェクトー(ヒロシマ)

URL :http://www.hcmca.cf.city.hiroshima.jp/web/simon/index.html

物事の変遷をたどる、冒険家的アーティストの挑戦。イギリス出身のアーティスト、サイモン・スターリングの活動を本格的に紹介するアジアで初めての個展が開かれます。代表作に加え、広島市現代美術館の重要な収蔵品であるイギリスを代表する彫刻家ヘンリー・ムーア作品を軸に制作を進めた広島に関する新作も紹介されます。
また、スターリング自らが会場を巡りながら作品解説を行う関連プログラム(1月22日14:00~)も充実しております。ぜひこの機会にスターリングの作品をご堪能ください。

会場:
広島市現代美術館
日程:
2011年1月22日(土)~4月10日(日)
開館時間:
10:00~17:00
※3月26日(土)~4月5日(火)は19:00まで開館延長(3月28日、4月4日は除く)、入館は閉館の30分前まで
休館日:
月曜日(ただし、3月21日は開館、翌22日は休館)
観覧料:
一般1,000(800)円、大学生700(600)円、高校生500(400)円
※( )内は前売りおよび30名以上の団体料金

(C)2011See-saw Films. Allrights reserved.


スウィンギン・ロンドン50's-60's s展

URL : http://www.city.okazaki.aichi.jp/museum/bihaku/top.html

戦後の荒廃からようやく落ち着きを取り戻し、急速な経済の発展を見せた1950年代後半~1960年代のイギリス。伝統的な階級の壁は崩れ、若者たちは熱狂と興奮のなかで様々な分野で新しい才能を開き、ロンドンは若者文化の中心となっていきました。
本展では、当時のデザイン製品や、音楽やファッションをベースとした若者のライフスタイルを中心に、新たに発見されたビートルズの貴重な資料や、ジミー・ペイジ愛蔵のギター&ステージ衣装を紹介する予定です。
会場:
岡崎市美術博物館
日程:
2011年1月29日(土)~3月21日(月)

※このイベントは終了致しました。

休刊日:
月曜日(ただし、3月21日は開館)
観覧料:
一般800(700)円、小中学生400(300)円

*()内は20名以上の団体料金。
*岡崎市内の小中学生は無料。
*各種障がい者手帳の交付を受けている方及びその介助者は無料。

Photo©Paul Reevew