Home 英国情報 Vol.3


UK 英国情報

THE ROYAL WINDSOR HORSE SHOW 2010 12th〜16th May 2010

エリザベス女王の公式住居であり、世界で最も大きい城としても知られるウィンザー城。 900年以上もの間、王室の家であり要塞であったその城は、歴代の国王により改造・改装が繰り返されながら、今日でも使用されています。

この城の敷地内で1943年以来、英国王室主催で年に一度開催されているのが、世界的な馬術イベントとして名高いロイヤル・ウィンザー・ホース・ショーです。毎年5月の中旬に行なわれており、特にウィンザー城の敷地内で開催されるという他に類のない設定であることからも、非常に重要なイベントという位置づけになっています。

今年は、エリザベス女王も出席され、5月12日から16日までの5日間で、3,000頭以上の馬やポニーが集まり、150部門にわたる様々な馬術競技が行われました。大人から子供までを対象とした競技がある中で、DAKSは「ポニー・クラブ・インターナショナル・マウンテッド・ゲーム(Pony Club International Mounted Games)」と呼ばれる競技に協賛しています。この競技は、1979年に当時DAKSの会長だったレオナルド・シンプソンが、「ホースショーに若い子供たちも参加できるような新しい企画を考えてほしい」と、頼まれたことがきっかけでスタートいたしました。

このゲームに出場するチームは、英国に345あるPony Clubから選ばれ、14歳〜15歳を中心とした5人の騎手と1人の補欠で構成されます。出場選手の選考基準は、このショーが開催される年の1月1日に 15歳未満であることが条件で、馬術の技術だけでなくPony Clubとの関わりや大使としての資質なども総合的に判断され、最終的に出場選手が選出されます。高い選考基準にも関わらず、今年は12歳の選手が2名選ばれたことも話題となりました。

アイルランドチームの選手
アイルランドチームの選手

このゲームはイングランド、ウェールズ、スコットランド、北アイルランド、そしてアイルランド共和国の5つのチーム対抗戦で行われることから、競技名に「インターナショナル」と付くようになりました。

DAKSは毎年子供たちが競技で着用するためのユニフォームを提供しています。今年も選手たちは、前面にDAKSとポニークラブのオリジナルロゴ、背面には国名が施されたトレーナーを着用し、競技に参加いたしました。トレーナーの色は、それぞれの国旗の色に基づいていることも特徴的です。

(白)イングランド (赤)ウェールズ (黄)北アイルランド (緑)アイルランド共和国 (青)スコットランド
(白)イングランド (赤)ウェールズ (黄)北アイルランド
(緑)アイルランド共和国 (青)スコットランド

ポニークラブオリジナル DAKSロゴ(2010年度版)
ポニークラブオリジナル
DAKSロゴ(2010年度版)

このMounted Gamesの目的は、ポニークラブを通じて子供たちが高いレベルの乗馬技術を習得する手助けを行なうことです。このゲームには勇気や決断力だけでなく、ポニーを調教する技術に加え高い乗馬能力が求められます。ゲームはすべてリレーレースで行われ、どれも観客を湧かせる人気競技となっています。

(白)イングランド (赤)ウェールズ (黄)北アイルランド (緑)アイルランド共和国 (青)スコットランド

ポニークラブオリジナル DAKSロゴ(2010年度版)

(白)イングランド (赤)ウェールズ (黄)北アイルランド (緑)アイルランド共和国 (青)スコットランド

ポニークラブオリジナル DAKSロゴ(2010年度版)

4日間の大会を通じ、今年、見事に総合優勝を果たしたのは、赤いユニフォームを着たウェールズのチームです。

大会総合優勝を果たしたウェールズチーム
大会総合優勝を果たしたウェールズチーム

大会最終日の16日には、エリザベス女王、エジンバラ公が観戦される前で、5チームによる最終エキシビジョンマッチが行われました。この人気のイベントをDAKSがサポートすることになった 1979年当時はDAKSの会長であった、レオナルド・シンプソンがエキシビジョンマッチの決勝戦で優勝者にトロフィーと花飾りの贈呈を行っておりましたが、現在は、エジンバラ公自ら優勝者への贈呈を行っており、今年のトロフィーは初優勝したアイルランド共和国チームの手に渡りました。

ロイヤルボックス席から子供たちに笑顔で手を  振るエリザベス女王(前列中央)
ロイヤルボックス席から子供たちに笑顔で手を
振るエリザベス女王(前列中央)

間近で観戦される エリザベス女王
間近で観戦される
エリザベス女王


エキシビジョンマッチで初優勝したアイルランドチーム (中央がエジンバラ公,右がDAKS社の会長代理であるポール・ダイモンド氏)
エキシビジョンマッチで初優勝したアイルランドチーム
(中央がエジンバラ公,右がDAKS社の会長代理であるポール・ダイモンド氏)

このイベントにはたくさんのバーやカフェなどの店が並ぶ他、200以上のファッションやジュエリー、馬具、家庭用品を扱うショップが出店しています。このイベントのスポンサーであるDAKSのショップでは、紳士服、婦人服、カジュアルウエアに加え、今回のイベント用にデザインしたパナマハットや馬がモチーフになったネクタイなどの小物も多数販売しています。

昨年に続き、DAKS SHOPの前には「DAK 5」という愛嬌のあるナンバープレートをつけたDAKSの馬匹運搬車をディスプレイし、お店を賑やかに演出していました。

(白)イングランド (赤)ウェールズ (黄)北アイルランド (緑)アイルランド共和国 (青)スコットランド
DAKS SHOP

ポニークラブオリジナル DAKSロゴ(2010年度版)
「DAK 5」のナンバープレート付き馬匹運搬車

すべてのイベントが終了した16日の夜には、エリザベス女王・エジンバラ公がご臨席されるカクテルパーティが行われ、DAKSの経営陣も出席いたしました。DAKSは、エリザベス女王、チャールズ皇太子、エジンバラ公から3つのロイヤル・ウォラントを授与されていることに加え、長年ロイヤル・ウィンザー・ホース・ショーにおいてもスポンサーとしての重要な役割を担い続ける栄誉を与えられています。