ABOUT DAKS

THE LEADING BRITISH CLASSIC BRAND

THE LEADING BRITISH CLASSIC BRAND

1894年にシメオン・シンプソンがロンドン、ミドルセックスストリートに小さなテイラーを創業。年月と共にその業容を拡大し「SIMPSON SUITS」として評価を得るようになりました。1930年代には、創業者の次男であるアレクザンダー・シンプソン(アレック)が「DAKS TOP」と呼ばれるウエストに伸縮自在のゴムを配した、画期的なベルトレス・スラックスを発明しました。当時、ベルトやサスペンダーを欠かすことができず何かと行動に規制の多かった英国紳士のスラックススタイルに変化をもたらし、紳士服のファッション史に革命を起こしました。

この時、アレクザンダー・シンプソンとビジネスパートナーであり友人でもあったダドリー・ベックは新しく開発したスラックスの名前を考え、アレクザンダー・シンプソンのイニシャル「AS」とダドリー・ベックの頭文字と最後の文字「DK」を結びつけた「DAKS」を考案。「DAKS」には、アレックが尊敬する父(創業者)「DAddy」とスラックス「slacKS」を結びつけた意味合いも込められ、これが「DAKS」の始まりであると云われています。

そして1936年にはロンドンの中心地ピカデリーサーカスに、ブランドの総本山となるストア「シンプソン・ピカデリー(百貨店)」をオープン。その後もアレクザンダー・シンプソン及び後継者のサミュエル(Dr. レオナルド)・シンプソンが揃って「高品質、適正価格」の原則を堅持し現在の名声を得るようになりました。また1937年末には婦人服分野にも進出し、紳士製造工程でのノウハウを駆使し本格的なテイラードジャケット、スカート、コート、アクセサリーの販売を始めました。

DAKSは信頼あるブランドの証としてエリザベス女王、エジンバラ公、チャールズ皇太子からロイヤル・ウォラント(王室御用達認定書)を授与され、この3つの紋章を掲げることを許されています。完璧を追求する理念、高品質で適正価格の原則、一目でDAKSとわかるDAKSらしさに対するこだわりの精神、創業当初から受け継がれたポリシー「Quality First(品質第一)」が保証されている証といえます。

120余年の歴史を持つDAKSは、様々な時代の変化を乗り越え、磨き抜かれた歴史と伝統に新たな風を吹き込み、次世代に向けてさらなる進化を目指すと共に、受け継がれた伝統と遺産を強い絆をもって継承し、新たな未来へ向かいます。